墓石値段についての豆知識

墓石値段の相場は、70万円から200万円とその墓石の材質の価値やサイズによって違ってきます。

墓石値段だけで決めるのはやめましょう

お墓の費用は墓石値段に加え、永代使用料や管理費用、それに工事費用などがかかりますが、その中でも永代使用量と墓石値段で大半の費用が取られます。

その為、お墓の費用を圧縮したい場合は、墓石値段が安い物を選ぶ傾向があります。

現在の墓石はデザインなど自分で決めるものが多いですが、ポピュラーな既製品で販売されている場合もあります。

その場合は、墓石値段は格安になりますし、安く購入する事が出来ます。

また安くお墓を販売している店の特徴としては、繁盛している店であることもあげられます。

石材の費用は外国産の場合、輸送費用がかかるので、高額になりがちです。

ですが、多くの石材を一度に輸送すれば輸送コストは圧縮出来ますし、安価で石材を輸入する事もできます。

格安で10年保証をうたっている石材店もありますし、口コミで評価の高い石材店もあります。

安いだけの石材店では問題がありますが、口コミや実際に建てたお墓を見て、良い物と判断できるものであれ問題はないのです。

墓石値段には石材の費用の他に在庫の経費や営業の人件費や寺院謝礼金など多くのコストが含まれています。

その為、そういったコストを圧縮することで、格安な墓石値段が実現しているということです。

注意としては、墓地によっては石材店が限定されている場合もあります。

その場合は値引きが困難ですし、お墓の値段は高い水準のままになっています。

その為、お墓を作る際は、石材店を自分で選べるかどうか、その点も確認しておきましょう。

Comments are currently closed.